借金返済中の方、過払い金があるかもしれません!

払い過ぎた利息である「過払い金」は、返還請求ができます。返還請求の返還期限は10年で、起源がくる前であれば、完済済みの借金でも過払い金請求ができます。過払い金の計算方法と、返還請求について解説しています。

借金返済中の方、過払い金があるかもしれません! > 過払い金の計算と返還請求の方法について解説!

払い過ぎた利息である「過払い金」は、返還請求ができます。返還請求の返還期限は10年で、起源がくる前であれば、完済済みの借金でも過払い金請求ができます。過払い金の計算方法と、返還請求について解説しています。

あなたの借金、返済し過ぎていませんか?

街角法律相談所
過払い金とは、金貸業者(消費者金融やクレジットカード会社など)が違法に徴収した利息のことです。

日本に法定利率が定められており、利息の上限が法律で決められていました。しかしながら金貸業者の多くが、この法律に従わず、20%を超える利率をかけて違法な利息を取っていたのです。


法定利率を超える金利は「グレーゾーン金利」とも呼ばれており、2006年に最高裁判所から「法定利率を超えて(違法に)取り続けていた利息を返金しなければならない」という判決が出るまでは、多くの金貸業者が24~29%という高利でお金を貸していたのです。


法定利率は、元本が10万円未満で年利20%、元本100万円以上であれば年利15%が上限と定められていますので、この利率を超える利息を払っていた場合、過払い金が発生している可能性があります。


過払い金は、払う必要のなかった利息、つまりはあなたのお金ですので、返還請求は当然の権利です。

驚くことに、2014年度の過払い金請求額の月平均は200億円を超えています。

ある司法書士事務所によると、顧客1人あたり平均84万円の過払い金が発覚し、100万円以上の過払い金が見つかるケースも少なくないそうです。

高額の過払い金が発覚して
過払い金を借金残額の返済に充てることで、借金を完済できた人も数多くいます

もし、あなたが借金返済にお困りでしたら、過払い金請求をすることで、毎月の返済額が減額したり、場合によっては残額を完済することができるかもしれません。

 

過払い金請求のデメリット

かつては過払い金請求をすると、信用情報機関(日本信用情報機構など)に過払い金請求をした履歴が残っていました。
しかし、これに対して2010年に金融庁が「過払い金返金手続きは顧客の正当な権利で、信用情報とは直接関係しない」と指導し、それ以降は過払い金請求履歴は信用情報から削除されることとなりました。

つまり、過払い金請求をすることでブラックリストに載ることもなく、公の記録に残ることもありません。

つまり、誰にも知られずに過払い金請求をすることができるのです。そういう意味では、過払い金請求をすることによるデメリットはありません。


強いて言えば、過払い金請求は自分自身が金貸業者を相手にして交渉することが難しいため、専門家に任せることとなります。その専門家に支払う費用が、デメリットと言えるかもしれません。


また、過払い金が発覚した場合でも、全額戻ってくるわけではありません。そこは専門家の交渉スキル次第ですが、一般的には過払い金額の約7割程度が返金されることが多いと言われています。


また、返金請求には金貸業者との和解で成立する場合と、裁判訴訟で過払い金を請求する場合の2パターンがあります。

あくまで一般的な例ですが、和解成立の場合は返金されるまでに数か月、裁判訴訟となった場合には1年~1年半という期間がかかります。この「時間がかかる」ということもデメリットと言えるかもしれません。

 

過払い金請求の費用は?

あくまで一般的な報酬形態と相場に基づいてお話すると、過払い金請求には、大きく分けて3つの費用が発生します。

1.着手金
2.成功報酬
3.過払い報酬

まず、最初の着手金は、依頼するときにかかる初期費用です。返金請求をする業者1件あたりに2~3万円というのが一般的な相場です。

次に、成功報酬は、文字通り過払い金の返還に成功したときに支払う報酬で、返金を受けた業者1件あたり2~3万円が一般的な相場です。

過払い金報酬とは、実際に返金された金額に応じて支払う報酬です。一般的に、和解で交渉が成立した場合は20%程度、訴訟によって返還を受けた場合には25%程度と言われています。


最近は、着手金が0円という法律事務所も増えてきました。

また、無料で過払い金の計算をしてくれる事務所もあります。インターネットで申し込むだけで、匿名・無料で簡単にシミュレーションできるサイトもあります

本気で過払い金返還請求をお考えなら、まずは無料シミュレーターで診断してみましょう!
 
↓ ↓ ↓
 
>> 過払い金の無料計算 匿名・無料でシミュレーション <<